【今からはじめる】意外とできる!ひとまかせバ美肉Vtuberへの道(その1)~はじめに~

ふうが
ふうが

ふうがです。思い付きで、絵も描けないしモデリングもできないのにVtuberになりたくなったので、バ美肉上等でチャレンジしました。経過をお知らせしていきます。

しら
しら

Vtuber気になるけど、自分になんてできないよ・・って人はぜひやってみましょう。思っているより参入障壁は低くなっていますよ。その分もちろん競合ひしめくレッドオーシャンではあるのだけど。

それでは、まずはちょっとずつVtuberについて紐解いていきましょう。

¥3,300 (2021/05/27 09:26時点 | Amazon調べ)

「Vtuberとは」を今更考える、バ美肉という文化

もちろんVtuberになりたいって言ってるのにVtuberって何?っていうひとは居ないとは思いますが、一応おさらいしておきましょう。

まずはVtuberとは

バーチャルYouTuber - Wikipedia

成り立ちとしては、Youtuberが世の中に定着してきた中で、「自分の姿は見せたくないけど、配信がしたい!」といったニーズに押されるように二次元の外見を持つYoutuberが姿を現してきた所に端を発します。

Live2Dなどの技術の進歩により、自分がアニメキャラにアテレコしているような感覚で配信できるこのシステムは多くの人を虜にしました。

とはいえ、昔からヴァーチャルアイドルみたいな感じで似たような2Dアイドル的なものは細々と存在していたとは思います。ですが、ミライアカリの登場によりVtuberのメディアへの露出が一気に強まったと記憶しています。(諸説あります)

民放テレビにも無理やり出演していたりしたので、目にした方も多いかと思います。

Vtuberの種類

現状のVtuberをざっくりと分けると以下のとおりです。

  • 企業案件として生まれた広報みたいな役割のVtuber
  • 配信者が箱(レーベル)に所属してVtuberに転生
  • 完全個人ですべてやりくりする野良Vtuber

前者は広報活動をメインとするイメージキャラクター的な役割を担っているのに対し、後者はそのキャラクター自体の魅力で登録者、同時接続者を稼ぎ収益化を行うといった傾向があります。

そしてVtuberと切っては切れない関係、バ美肉

これが地獄の窯とかハイテク異性装とか物議を醸し続ける代物です。

バ美肉とは (バビニクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

Vtuberは2次元の外装を持つため、中身が必ずしも可愛い女の子とは限りません

今までもおっさんが女性に成りきりネット上で無双するネカマという文化が存在していました。これは会話が画面上のテキストベースであるが故に誰でもキャラ(アバター)の絵面があればネット上では2次元美少女であり続けられました。

これが時代とともにボイスチェンジャーという武器を得て、さらなる進化を遂げてしまったわけです。

現物(魂・ゴースト)さえ見なければ声も見かけも美少女。現実の美女装子になるにはいささか年を取りすぎたのか、見た目が追い付かなかったのか、昨今のジェンダー論を背景に考えるとおっさんのヴァーチャル美少女化というのは必然だったのかも知れません・・。

※昔バーチャルネットアイドルちゆ12歳というのがありましたね。。(実は今もいます
バ美肉については学術的にも結構真剣に議論されている様子。
【和訳】バーチャル異性装が日本でブームに:仏紙リベラシオン|バーチャル美少女ねむ【人類美少女計画】|note

要するにおっさんでも二次元美少女に姿も声も成れる!本当に魔法はあったんだ!

バーチャル美少女セルフ受肉おじさん の誕生である。

きり
きり

ホントに地獄。

受肉してなにをしたいか

さて、肉体を得たおっさんは何を望むのでしょう。

もちろん最終的には登録者数を増やして収益化という方が一番多いと思います。もしかしたらお金なんて要らないから皆の寵愛を受けたいという真正のプロもいらっしゃることでしょう。生まれ変わった自分を見て楽しむという近未来女装子ちゃんみたいなケースもあろうかと思います。

アプローチは2方向あって、今までゲームや雑談を配信していた人たちがせっかくなのでアバターを追加してチャンネルの価値をあげようというパターン。もう一つは中身はいいからとにかく受肉したい人。ふうがは後者です。

きり
きり

ええ・・、今なんかいきなり性癖暴露せんかった?

さて、Vtuberはなにをして名を成していくのか考えてみましょう。

Vtuberに必要なもの
  • めっちゃゲームがうまい
  • めっちゃ雑談がおもろい
  • めっちゃかわいい(外見、声など)
  • 専門的なトークができる
  • やばい技術がある

あくまでもYoutuberでもVtuberでも同じ。何か秀でたものを動画にしたためて公開する。これは変わりません。やはり一芸に秀でているのは強い。

ただし、

めっちゃかわいければ、芸事が出来なくても戦える!

というのもまた事実。

そう、バ美肉自体がスキルでありパフォーマンスでもあるので他に何も他に秀でていなくても評価される可能性は大いにある。

可愛いは正義

例えゲームうまくなくても、絵が描けなくても、凄いテクニックが無くても、あなたのゴーストが指図するままに、バ美声を囁けばそれはもうあなただけの固有スキルというわけです。

きり
きり

前向きなんだか背徳的なんだかよくわからない解説デスが、要はやったもんがちデスね!

ふうが
ふうが

やると決めたらさっそく、機材を確認していきましょう。

Vtuberに必要なもの(機材)

ふうが
ふうが

凄い導入コストや技術がかかりそうなこの業界ですが、意外とコンパクトに始められます。

PCのスペックは?

ふうがはだいぶ年季の入ったデスクトップでやってます。今のトコ複雑な動画作成や合成などは行ってはいませんが、必要な画像編集ソフトやモデリングソフトを動かしている分には問題はなさそうです。参考までにスペックを確認しますと

しら
しら

え、ホントにショボくない・・、よくこれで黒い砂漠とかしてたな。

昔のintel i3にメモリ8GB、ちなみにグラボはGTX1060だったかな。こうして改めてみるとホントヤバイな、そろそろ新調しないといけない気がしてきた・・。

これでも動くんだから今どきのPCならほとんどいけますね!(涙)。ただし、タブレットPCや廉価ノートPCとかだともしかすると動きにカクつきが出るかもしれません。ちなみにMacは最近触ってないので分かりません!ごめんなさい!

要するに、ここ最近のネトゲができるパソコンなら大抵いける!以上!

周辺機器は?

基本的なマウスとかキーボードなんかはもちろんあるとして・・

とりあえず、カメラとマイクは絶対必需品デス。これだけは揃えましょう。

次の記事でお話しますが、自分がなりたいモデルによって微妙に必要なものが変わります

ただし、お試しということであれば、PC本体となんらかのマイク・カメラあたりで全然問題ありません。

ただ、ノートPCのマイクは微妙なものが内蔵されてることが多いので注意(微妙というか必要最低限)。バ美声を詰めていく上では内蔵マイクでは厳しい

カメラの画質は適当でも結構いけますので、とりあえずついてれば画質などは後回しでOKです。

ふうが
ふうが

次回は実際になりたいモデルを決めて、必要なソフトや素材の種類について説明していきます。

タイトルとURLをコピーしました