【開封視聴レビュー】安いのにノイキャン最高!FreeBuds3iはHuaweiスマホ持ちじゃなくて満足できるよ!

ふうが
ふうが

世の中、アクティブノイズキャンセル(ANC)を搭載した完全ワイヤレスイヤホン(TWS)も増えてきました。今回はその中でも技術的なアドバンテージ高そうなHuawei社製作のFreeBuds3iをお買い得に入手できましたのでご紹介します。

しら
しら

見た目は俗にいう「耳からうどん」タイプだけど、想像以上に精度の高い作りのしっかりしたモノでした。これはおすすめできる!

Prime加入でさらにお得!くわしくはこちら

ANCかつTWSというやつ

今回紹介する商品はアクティブノイズキャンセル機能付き、トゥルーワイヤレスイヤホンになります。なんでもかんでも3文字英字に略せばいいってもんじゃないですけどね。

簡単に説明すると「能動的にノイズを打ち消してくれるノイズキャンセルがついている」タイプの「右耳と左耳がつながってない完全独立イヤホン」ということになります。ややこしい!

以前ご紹介したAnkerのイヤホンと同じようなカテゴリとなります。

ということで、使い勝手やスマートさという部分でANCでTWSなイヤホンは今や主流となりつつあります。実際使ってみるとこれが楽で楽でしょうがないガジェットです。ぜひおすすめしたい。

Amazonでの価格推移

Amazonでの価格推移図

Amazon価格は安定していたのですが、なぜか3月末で大幅にプライスダウンしてます。在庫整理なのか何かのプロモーションなのか、とにかくお買い得価格だったのです。そこで買いました!

たまにこういう情報流しますのでよかったらフォローしてねw。
きり
きり

めざとい・・。よくそんな情報あったな

基本スペック

本体サイズ約41.8 (横) x 約23.7 (縦) x 約19.8 mm
重さ約5.5 g (イヤフォン単体)
再生時間1回のフル充電で最大約3.5時間再生
コントロールダブルタップ・長押し
装着検知Huaweiスマホのみ対応
ケースの充電方法有線: USB Type-C
接続方式Bluetooth® 5.0
ANCノイズを最大32dB低減
  • サイズ感は某Apple社と同じくらい、平均的なうどんサイズ
  • フル充電で3.5時間、ケースによる充電を入れると14.5時間駆動
  • 32dBのアクティブノイズ低減は高性能の部類
  • コントロールは再生停止とNCのオンオフのみ(標準設定)
  • 装着検知やワンタッチペアリングはHuaweiスマホのみ

写真で見る開封レビュー

Freebuds3iの外箱
箱の質感は相変わらず素晴らしい。いいもの買ったぜ感。
開封してみました
中身もいい感じですね。光沢が上品。やや指紋が付きますw。
艶があって上質な見た目
ケースは磁力強めで、イヤホン収納しようとすると凄い吸い付く
ふうが
ふうが

ケース、イヤホン本体ともに非常にしっかりした作りです。ケースのフタの開き方もヌルっとしててお上品。

接続はスムースです
箱を開けただけでペアリングが始まるスマートさ
ペアリング楽勝、電池残量も見えます
ペアリング後は開ける度に自動でつなげて、電池残量も一目瞭然。

音楽を聴いてみる

ふうが
ふうが

さあせっかくなので、何か曲を聴いてみましょう。環境としてはHuawei mate10proにyoutubeです。要するに普段使いのシーン。

Mizuki Nana Vitalization -Aufwachen From-

あえてのシンフォギアGからこのセレクト。

耳につけた瞬間からもちろんノイズキャンセルががっちり効きます。外の自動車が走る音とか空調の音とかが一気に切り離されます。これ、音楽聞かなくてもこのまま静寂を楽しめる。ホワイトノイズはかなり抑えられていて待機中でもまさに無音を味わえます。しっかりANCは効いてるのに耳への圧迫感はそれほどありません。これは好ポイントですね。

構造的には⌀10 mmのダイナミックドライバ1基ということで、低音は心地よい粒で弾けます。BA(バランスドアーマチュア)機の有線イヤホンを聴いている身からすると高音に関しては伸びがあまりなくボーカルが少しベールがかかっている印象も。これはコーデックが影響している可能性もありますね(対応はAAC、SBC)。この頃の水樹奈々楽曲のマスタリングがうんぬんという話をし出すと長くなりますので、次の曲行ってみましょう。

OscarPeterson trio You Look Good to Me

打って変わって、世紀の高録音として名高いオスカーピーターソンのアルバム「We get Requests」です。今度はガチの音質チェック。

ふうが
ふうが

はあぁぁ・・良い。良い。

デジタルなモノづくりを突っ走る先鋭企業が作ったハイテクガジェット的なイヤホンだとこういうジャズもろなのはどうなの?って。いや、十分良いわ。切れの良いバスドラ、軽快なベース、そしてピアノが見事に定位。優秀なノイズキャンセルも相まって、トリオならではの静と動が見事に表現されています。これジャズもいけるやん。もっともこの盤の録音が無敵すぎるのかも知れませんが・・。

シンバルレガートがシャリつくこともあまりなく、ダイナミックドライバの良いところが引き出せています。クラシック聞けとまでは言いませんが、ジャズからロック、アニソンもいけるということで。

きり
きり

ノイズキャンセルで外音が減るだけでなんかやたら高音質に聞こえる不思議効果。

まとめ

Huawei FreeBuds3iのいいところ
  • しっかりとした作りとバッチリ効くノイズキャンセル
  • Huaweiスマホならペアリングから接続まで超楽勝
  • 音質は問題なし、ANCのおかげで外でも静かな曲がしっかり聞ける
  • 実は地味にIP54(あらゆる方向の水飛沫・粉塵に耐える)ランニングにも◎
  • 実は高性能マイク3基積んでるので、電話・リモートもこなせる
  • いろんなサイズのイヤーピースが付属するから買い足す必要なし
Huawei Freebuds3iのちょっと・・なところ
  • Huawei以外のスマホだと機能がやや限られる
  • 音質に不満はないけど、コーデックはAptXくらい欲しいかも
  • タッチ操作はシンプルだけど標準設定だと音量調整がない
  • セール中は良いけど、だいぶ競合のイヤホンが揃ってきた・・
ふうが
ふうが

ということで、イヤホンとして必要な性能を持ちつつ質感の高いモノづくりを感じるFreeBuds3i。価格としてはこなれていますが、競合のイヤホンが安く設定されてきて少しつらい展開も・・・。セールなら迷わず買い。

しら
しら

Huaweiスマホなら最高だけど、別に他社スマホやiPhoneでも全然使えるから、よかったら試してほしい。ANCのTWSって最高!

タイトルとURLをコピーしました