Vtuber向け!マイクと一緒に揃えたいオーディオインターフェースおすすめ5選

XLRタイプのコンデンサーマイクを使う際に必ず必要になるオーディオインターフェース。配信するにもVtuberするにも避けて通れない機材ですね。今日はおすすめ5台を紹介していきます。

きり
きり

機材のグレードアップで音質が上がれば配信の質は何倍にもなります。さらなる再生数・同接アップを狙うなら環境改善も視野に入れよう!

この記事は?
・コンデンサーマイク使用時の必需品であるオーディオインターフェース。間違いない5台を選んでみました。初めての一台選びの参考にどうぞ

おつかれさまです。ふうがです。

高音質で録音するぞ!ということでコンデンサーマイクを買おうとした時に、マイクの種類によっては単体で動かず、別の機材が必要になるという話を聞いたことがありませんか?。

ちょっと専門的は話になりますが、XLRという端子でつなぐタイプのコンデンサーマイクは機材側から微弱な電気を流してあげないと動きません。そして録音した音をデータに変換してパソコンなどに送ってあげる橋渡ししてあげる機械が必要になるんです。

ふうが
ふうが

そう、それがオーディオインターフェースという機械です。

他にもマイクやBGMなどの音量バランスを調整する(ミキサー)機能や、エコーなどの効果を掛けたりすることもできる機種もあります。配信者には必需品ですね。

ふぉぎこ
ふぉぎこ

うん、難しすぎる。とりあえずどれを買えばいいの?

ということで、前提の知識がないと何を言っているかよく分からない・・・という方もいると思います。とは言え必要なんだから買いたい!どれなら大丈夫なの?!という問いにお答えすべく5種類のオーディオインターフェースをご用意しました。とりあえずハズレのないヤツらです。

機材に悩み過ぎて先に進めないのはもったいない。まずは買ってみてから覚えたほうが圧倒的に上達は速いですよね。あとは勢いとやる気、それだけですよ!

この記事はこんな方におすすめ
  • XLRマイクを買いたいけど、どの機材を買えばいいの?
  • 配信者におすすめのオーディオインターフェースってなに?
この記事を書いた人

オーディオ系ガジェットが好きでブログを立ち上げましたが、気が付くとマイクに詳しい人みたいな感じになりました。基本はガジェットブロガー、アイキャッチデザイナーです。

Vtuber経験者、家電系仕入れ買い付けしてた過去あり。アニメとスコッチ、ホロライブ好き。

【MarketPhogearブログ運営代表】

ふうがをフォローする

オーディオインターフェースとは

まず一番初めに、コンデンサマイクには接続方法が2種類あることを覚えておきましょう。それはUSBとXLRです。ここを意識しておかないと機材を揃え間違えてしまうことになります。

自分の持っている、または買おうとしているマイクはどのタイプなのか必ず確認してくださいね。

コンデンサーマイクの接続タイプの違い

それぞれのマイクの特徴を表にまとめてみました。

USB接続タイプXLR接続タイプ
イメージ
接続ケーブル
オーディオ
インターフェース
外部機材は必要なし
そのままPCに差して使える
対応した外部機材が必要
そのままPCにはつなぐことができない
導入難易度差すだけなので
使い始めるのがカンタン
機材を経由する必要があるので
導入には少し手間がかかる
音質マイクの性能にもよるが
ノイズを拾ったりもする
ノイズを拾いにくい、
高音質なマイクはXLR
採用が多い
機能最低限の機能、調整しかできない入力音の調整や加工、ミキシングなどが
自在にできて表現の幅が広い
Amazonで探す商品を検索商品を検索
ふうが
ふうが

プロ向けになるにつれてXLRタイプが基本となります。今後のグレードアップを検討しているならUSBを使わずXLRから慣れるというのも手だと思います。

USBとXLR、それぞれの接続方法は?

USBとXLRのマイク接続方法を図に表してみました。

見てのとおり、XLRタイプのコンデンサーマイクを使う為には一台機械をかませていますね。

今回はその機械(オーディオインターフェース)の選び方ということです。

マイクには「ダイナミックマイク」という種類があります。みなさんがカラオケとかでも良く使うタイプです。これは電力供給は必要のないマイクなのですが、結局PCへの橋渡しとしてオーディオインターフェースは必要となります。

こんな時にオーディオインターフェースが必要

今回紹介するようなオーディオインターフェースが必要なケース

  1. ダイナミックではなく、コンデンサタイプのマイクである
  2. そのコンデンサマイクは接続方法がXLRタイプである
ふぉぎこ
ふぉぎこ

自分に必要かどうかわかったら、早速紹介していくよ。

高価な買い物をする前に

マイクも機材も非常にいいお値段がするものです。せっかくだから初期投資はできるだけ抑えたい、でも妥協はしたくない。そんな時は少しでも節約できる小技でコスパを上げましょう!

Amazon限定、何回でも使えるポイントバックキャンペーン※は高価な買い物時には必ず利用したいワザです。

※プライム会員なら90,000円チャージで2,250円(2.5%)バックされる計算です。

配信者におすすめ!オーディオインターフェース5選

それでは早速おすすめの配信者向けオーディオインターフェースをご紹介していきます。

YAMAHA AG03

配信者から歌い手、お部屋ミュージシャンまで愛されるお馴染みの名機、なんにも分からないけど失敗はしたくないという方は迷わず選んでいい安心のYAMAHA製。

商品名AG03
入力チャンネルMIC/LINE:1、ステレオ(LINE)/ モノ(GUITAR):1、AUX IN:1
出力チャンネルMONITOR OUT:2、PHONES:2
寸法129 mm × 63 mm × 202 mm

オーディオインターフェース入門と言えば!という代表的な一台です。YAMAHA製というのも安心感がありますね。ぱっと見の使いやすさやお手軽価格ということで人気があります。

マイク入力は1本ですが、一人で配信する分には問題はありません。マイク付きヘッドセットにも対応した端子がついておりゲーム配信でヘッドセットを使う人にもおすすめできますね。

基本はパソコン接続ですが、別売りのアダプタキットを使うことでiPhoneやiPadでも使用することができます。パソコンを使わない配信でも高音質で録音できるので、これとスマホだけで配信するようなシーンでも活躍しそう。

迷ったらこれ買っておいてOKと自信を持って言える頼もしいヤツです。

ここがおすすめ
ここがちょっと・・
  • シンプルだけど必要な機能は揃っている入門機種
  • iPhoneやiPadなどにも接続して使えます(アダプタ別売)
  • マイク入力は1系統のみ
  • エフェクトやイコライザーはパソコン(ソフトウェア側)がメイン。
ふぉぎこ
ふぉぎこ

1万円くらいのマイクとこいつがあれば普通に個人が配信する上で支障が出ることはないのでは?というほどのバランス型。

こんな人にすすめたい
  • まずは入門の一台が欲しい
  • マイク入力は1本で大丈夫
  • 国産大手メーカーの安心が欲しい
おすすめ
\もうちょっと入力とか増やすなら上位機種も/
ふうが
ふうが

なぜかAG03と上位機種のAG06の価格差が少なくなっています(相場高なのかAG03が割高に・・)。設置スペース的に許されるのであればAG06行くのも手だと思います。

Soundcraft Notepad-8FX

もう少し入力端子・ミキサーが欲しい、ちょっとこだわりたい。そんなあなたにはNotepadシリーズ。ユニオンジャックをあしらったカッコいいデザインはデスクトップでも存在感ばつぐん。

商品名Notepad-8FX
入力チャンネルMIC/LINE:2、ステレオ(LINE)/ モノ(GUITAR):2、RCA IN:1
出力チャンネルMASTER L/Rライン出力(XLR):1、PHONES:2
寸法129 mm × 63 mm × 202 mm

さきほどのYAMAHAと並ぶ入門用スタンダード機だと思います。YAMAHAのやつと仕様がいろいろ違いますが、基本的な音質は同程度と考えていいので気分で選んでも問題ありません。

ただ、こちらの機種(notepad-8FX)はマイクが2系統入力でき、しかも両方ともファンタム電源を流せるので同時に2台のコンデンサマイクを使うことができます。これがYAMAHAのAG06だとマイク2系統の内、1系統しか電源を流せません。分かりにくいですが大きなアドバンテージです。

他にも入力ごとに高音・中音・低音をツマミで細かく調整することができます。もちろんソフトウェア側からでも調整はできますが、直感的に調整できるのは大きいですよね。エフェクトのかかり方なんかもミキサー上でいじれちゃいます。

ちなみにこちらもYAMAHA同様、iPadなどとの接続可能です。(アダプタ別売)

あと、デザインが好き。

ここがおすすめ
ここがちょっと・・
  • コンデンサマイクを2本接続可
  • ミキサーのツマミで細かい調整できる
  • 見た目がかっこいい
  • やや筐体が大きい
  • ツマミの種類やケーブルの接続はちょっと慣れないといけないかも。
ふぉぎこ
ふぉぎこ

とりあえずのYAMAHAから卒業、少しマニアックさを出していきましょう。2本のマイクがあるので2人同時の収録やステレオでの音録りなんかもできちゃうね。

こんな人にすすめたい
  • コンデンサマイクを2本使うかもしれない
  • ミキサー上のツマミで色々調整したい
  • 見た目のカッコいいのがほしい
おすすめ
\マイク1系統のコンパクト版もおすすめ/
¥9,500 (2022/01/14 13:35時点 | Amazon調べ)

Steinberg UR12

シンプルにXLRをUSB入力したい、加工やらミキシングはPC側でもできるしね。そんなあなたはこちら。差して繋ぐだけ。お値段もスペースもコンパクト、音質はSteinbergなので安心してOK。

商品名UR12
入力チャンネルMIC/LINE:1 Hi-z用 : 1
出力チャンネルPHONES:1 LINE: 1 USB: 1
寸法159x46x144 mm

今まで紹介してきたインターフェースとは少し毛色が違います。これは純粋にマイクとPCを繋ぐ機能に特化したものです。AG03やNotepad-8と比べると小型でシンプルですね。

見てのとおりマイクを差す場所、そしてボリュームのツマミ、背面にはUSBポートと非常に分かりやすい構成です。本体もコンパクトなのでノートパソコンと一緒に持ち運んだりすることもできますね。あまり机のスペースを占領されたくないユーザーにもおすすめ。

音質の調整やエコーなどのエフェクトはこのインターフェース単体ではできませんが、パソコン側のソフトウェアイコライザーやOBS(配信ソフト)などを使うことでなんとでもなります。

ここがおすすめ
ここがちょっと・・
  • 接続がシンプルで分かりやすい。
  • 机上のスペースを取らない
  • 安くても音質は安定
  • 拡張性、インターフェース上のエフェクトやミキシングなどはできない
ふぉぎこ
ふぉぎこ

こちらはハードウェアミキサーというよりは、マイク繋ぐという為のものなのですごく分かりやすいです。全然これでも戦えます。

こんな人にすすめたい
  • シンプルにマイク入力だけしたい
  • 調整やミキシングはパソコン上でやりたい
  • あんまり大きい機材は置きたくない
おすすめ
\マイク2系統の上位機種/

Focusrite Scarlett 2i2 (3rd Gen)

ハードウェアミキサーみたいな派手なのはいらない。でもマイク入力の音質やレイテンシ(遅延)にはこだわりたい!そんな時にはこの赤いボディにおまかせあれ。マイク入力も2系統、音質にこだわるパーツと技術たっぷり。

商品名Scarlett 2i2
入力チャンネルMIC/LINE(XLR):2、
出力チャンネルライン出力:1、PHONES:1
寸法

いよいよガチDTM機材感が出てきました、この辺から入門編を卒業してオーディオインターフェースそのものの品質や音質を求めていく世界となります。

これは先ほど紹介したUR12と同様に多機能なハードウェアミキサーを持たないタイプです。あくまでマイクや楽器を入力してPCに引き渡すことに特化しています。その分内部構造などにコダワリが詰まっており音質向上が期待できるということですね。

Focusriteのマイクプリアンプは30年以上の歴史を持つ伝統的なブランド。音質や遅延などに対してシビアに詰められた設計は世界中のアーティストに愛されているそうです。

配信とは少し違いますが、DTM系のソフトウェアやエフェクトもバンドルされているのでこれから音楽系もやってみたいという方には特におすすめできます。

ここがおすすめ
ここがちょっと・・
  • 名ブランドの音質と安定性
  • iPad Pro公式対応
  • DTMソフトついてくる
  • かっこいい(大事)
  • ミキシングやエフェクトはソフトウェア上でするしかない
ふぉぎこ
ふぉぎこ

配信やVtuberのマイク用にもバッチリですが、音楽制作などでの非常に評価の高い一台。歌ってみたや演奏・DTMなどを手掛けるなら候補に入れたい。

こんな人にすすめたい
  • 高音質低遅延の安定性を求める
  • 音楽系活動も今後していきたい
  • 見た目の質感にはこだわる
おすすめ

TCHELICON GO XLR

配信者向けオーディオインターフェースの最終形態。ホロENのメンバーを始め、有名Vtuberも多数使用実績あります。見た目だけでもう倒れそうなくらいカッコいいしネット配信に必要な機能を全て備える神機なんで、お金があるなら買っておこう。

商品名GO XLR
入力チャンネルMIC/LINE(XLR):1 MIC(mini) : 1 OPT : 1
出力チャンネルLINE(mini): 1
寸法82 x 285 x 174 mm 

今回のオーディオインターフェースご紹介の真打登場。すでに見た目からヤバい雰囲気がぷんぷんしてますね。これはカッコいい。配信者ならいつか欲しいと思っているはずの名機。

各入力のミキシングや視覚的な調整のしやすさはもちろん、最高の音質を実現するプロ用アンプを搭載し、機材単体で高品質なイコライザー・コンプレッサー・ディエッサーなどを装備、虹色に光りまくるLEDイルミネーションや勝手にフェーダーが動くモーターフェーダーなどマニア心をくすぐりまくる機能満載。マジでほしい。

急な咳とかの時に瞬間ミュートしたり、放送禁止の「ピー音」を入れたりもボタン一つでOK。それ以外にもいろんな効果音を4つのボタンにプリセットできちゃう。これもうラジオ局じゃん。

何不自由ない配信環境が作りたくて、派手なインターフェースが好きならマストバイ。

ここがおすすめ
ここがちょっと・・
  • カッコよすぎる
  • ミキシングからエフェクトまですべてOKの多機能
  • 音質・安定性も◎
  • 配信向けの機能満載
  • 派手過ぎて自己主張激しい
  • けっこうデカイ
  • 慣れるまで操作難しいかも
ふぉぎこ
ふぉぎこ

配信者、Vtuberのためにあるようなオーディオインタフェースの王。

こんな人にすすめたい
  • もう配信者に一番いいのとりあえず買う
  • ゲーミング的に光りまくるのが好き
  • 効果音とかも手元で出したい
おすすめ
\機能を絞ったミニ版でもカッコよすぎ/

まだまだこんなのもあるよ

掘り下げればまだまだありますオーディオインターフェースの世界。用途や予算にあわせてどんどん開拓していくのはまさに機材沼の第一歩。

バ美肉勢にお馴染み本格派 ROLAND VT-4

Vtuberの中でもさらにハイレベルなバ美肉ボイチェン勢念願のハードウェアボイスチェンジャーです。

ピッチやフォルマントの微調整やリバーブまでリアルタイムで制御。ソフトウェア調整ではないので限りなく遅延(レイテンシ)が無く、まさに夢のボイスチェンジャーマシン。

ふうが
ふうが

ボイチェンVtuber勢はいつか欲しいと思っているはず・・。

配信者が夢見る超絶機 RME Babyface Pro FS

余談ですが、「こんなん買えねぇよ」の部類にノミネートする伝説の1台。RODEとかNEUMANNの高級マイクとコイツがあれば流通レベルの録音できるだろっていうシロモノ。ホロライブでも愛用しているメンバーがいる噂のガチ兵器。

ふぉぎこ
ふぉぎこ

今は品薄で価格が跳ね上がったりしている。価格が落ち着くか後継機がでたら検討してみてもいいかも。いや、私も使いこなせる自信まったくないけどね。

\Amazonは品切れ・価格高騰中かも・・/

コンデンサーマイクを選ぶなら!

まだマイクも決めてないよ!という方はこちらにマイク系の記事もありますので参考にしてみてくださいね。探すときは接続方式がUSBかXLRかを注意しておきましょう。

ふうが
ふうが

クリアでリアルな高音質配信はもう目の前ですよ!

まとめ

いかがでしたか?
いかがでしたおじさん。

さて、いかがでしたでしょうか。

マイクと同じくらい重要なオーディオインターフェース選び。目の前の値段だけで選ばず、用途をしっかり見極めてちゃんとした物を揃えれば長く愛用することができると思います。

ふうが
ふうが

あなたにぴったりの一台が見つかりますように。。

Amazonで買い物するなら・・

ポイントバックであふれる幸せ

さぁAmazonでポチるよ~っていう方、ちょっとお待ちください!

Amazonギフトカードを買って現金でチャージするだけで、何度でも一定率でポイントが還ってくるサービスをご存知ですか?クレジットカードも不要、特別なメンバー登録・契約も不要で安心!

チャージでもらえるポイント額は以下の通りです。

プライム会員が90,000円チャージしておけば、2,250円がポイントで戻ってきます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率より高い利率ですよね。

気になる有効期限は購入から10年!定期的に買い物される方なら毎度MAXチャージでポイントたっぷりですね。

もう一度言います。チャージさえすれば何回でもポイントバックが受けられますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

\こちらをクリックしてギフトカードの詳細へ/
クレカ不要・面倒な登録手続きなしでOK
↓こちらからでも購入できます
ふうが
ふうが

ポイント還元率を見ても、やはりプライム会員は優遇されていますね。まだ未加入の方はぜひ登録を検討してみてくださいね!特典たっぷりです

プライム特典についてはこちらの記事をどうぞ
Amazonでお買い物するなら、プライム会員加入がおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました