銃色に輝く亜鉛合金ボディのイヤホン BLON BL-MINIの開封と試聴レビュー

おつかれさまです。ふうがです。

今日はちょっとめずらしい中華イヤホンを入手しましたので開封レビューしていきたいと思います。

最近は低価格のイヤホンでも質感や音質が上がってきています。個性豊かな中華イヤホンで音楽を楽しんでみましょう。

この記事のざっくりしたなかみ
・低価格中華イヤホンがめっちゃ質感高かったよ
価格的には3000円くらいのイヤホンですが、侮るなかれ、質感が妙に高い

久しぶりに中華イヤホンを入手しました。今回はBLONというメーカーです。

BLONは中国のイヤホンメーカーのようで、Amazonでも販売されています。会社情報を探してみましたが見つけられませんでした。マニュファクチャはDongguan db Digital technologyというところのようです。

※今回はhifigoさんより商品提供をうけております。でも容赦なくレビューしていきますよ。

BLON BL mini 6mm Dynamic Driver In Ear Earphone IEM
ふうが
ふうが

最近の中華イヤホンは国産や海外大手の作るイヤホンとはよく差別化できています。価格に対しての所有感はなかなかのモノですね。

この記事はこんな人におすすめです。
BLON-MINIレビュー
  • 人と違うイヤホンを探しているよ
  • ボディの小さくて軽いイヤホンが欲しい
  • 中華イヤホンに興味があるよ
Prime加入でさらにお得!くわしくはこちら

BL-mini 有線イヤホン

箱はコンパクトですごく上品ですね。

さて、今回のアイテムはこちら。BL-MINIというイヤホンです。

まずはスペックを確認して、開封していきましょう。

商品スペック

商品画像
商品名BL-MINI
ユニット6mmダイナミックドライバ1基
カラーガンメタリック
周波数帯20hz-20khz
その他ケーブル着脱式(2ピン式)
詳細を見る

開けてみるよ!

さぁ、それでは開封の儀といきましょう!

写真をいっぱい撮っておきましたので実際にご覧ください。

引き出し式の箱を開けると、鈍く輝くハウジングがでてきます。うつくしい・・・。
指紋がつきやすいですが、カッコいいなこれ・・。
純正イヤーピースは少し貧弱そうな印象です。
付属のケーブルはクリアの撚線仕様。3.5mmのゴールドプラグです。

付属品

コンパクトな箱ですが、各サイズのイヤーピースや収納用の袋もしっかり入っていますね。

かわいい麻袋がついてきます。
イヤーピースは4サイズ?材質は同じもののようです。
付属品もなんかおしゃれに仕上がってますね。

さっそく聴いてみました

それでは純正イヤーピースとケーブルを接続して、音楽を聴いていきましょう。

試聴環境はこちら

愛機nano iDSD black label

今回はこちらのポータブルアンプを使用しました。PCへUSB接続してYouTubeMusicで試聴しています。外部アンプといっても、直刺しよりやや良い(音量が取れる)という感じの認識でOKです。

試聴に使用した曲

※クリックすると曲のyoutube動画が見れます(一部シンフォギアあり)

きり
きり

曲選のセンスが少しアレな気がしますが、打ち込みから歪んだギターやジャズなど一応さらっとチェックしてみました。

実際にきいてみました。

試聴しています(写真はあくまでイメージです)

それでは早速、試聴の感想と行きましょう。

聴いてみた感じ(音質)
  • ボーカルがちゃんと前に出る
  • 高音は少しザラつくけど悪くない
  • 低音は軽め、小気味よい感じ
  • 小さな裏の音もよく聞こえる

総じて感じたのは、ボーカルや真ん中の音のダイレクト感ですね。しっかり聴きたい部分にベールがかからず気持ちよく聞ける。歌モノとかPOPSに向いた特性ですね。

ちなみにYoutubeでVtuberの喋ってるのとかを聞いてみましたが、声が前面にでるので聞き取りやすいですね。ただし、もうちょっとウェット感があったほうがASMR的には良さそうですね。

高音はそこそこパリッと出てますがシンバルとかはシャリつく部分が感じられます。超高音の部分はほぼ出てないですが、ダイナミックドライバということを考えればこんなものかな、というトコロですね。

TakeFiveのハイハットレガートはもう少し質感が欲しい気もしますが、分離が良く比較的音場も広いのでしっかり各メンバーの立ち位置が分かります。これ結構いいな・・。

低音ははっきり言って控えめです。ドンシャリとかって表現しているレビュアーさんもいますが、あんまりドンドン言うタイプではないですね。粒立ち良くて小気味よい低音というやつです。

BlackSabbathを聴くとしっかりアイオミのブリブリしたギターサウンドが伝わりますのでこれは必要十分な気がしますね。濁ってない素直な低音です。楽器ごとの分離も合格レベルだと思います。

重低音はあんまり出てませんが、安いイヤホンで低音に力を入れようとするとモコモコしたり、ボーカルが引っ込んだりしてロクなことが無いので、ある意味これは正解だと思います。

水樹奈々のようなコンプかけまくりで全部前面に張り付いているような楽曲でも低音の歯切れは〇。それでいて、音量を上げればそれなりにドゴドゴします。

低音に関しては上流の再生環境やイヤーピース、エージングなどの要件で変わってくるかもしれません。とりあえずの音出し直後の感想ということでご承知くださいね。

その他感想
  • ボディ(ハウジング)が小さくて耳への負担が少ない。
  • 圧倒的に軽いのも◎
  • メタル素材は好き嫌い分かれるけど、所有感◎
  • ケーブルの耳の部分はワイヤー入っていて欲しかったかも
  • 付属のイヤーピースはイマイチ

イヤーピースをちょっと交換

純正イヤーピースって基本的に音カスカスなものがついてくることが多いです。

今回のBLON-MINIもそんな感じがしたので、手持ちのコンプライに交換してみました。型番はTg-200だったと思います。

※Tg-200はあくまでワイヤレスイヤホン用のヤツなのでほんとは適合しないのですが、サイズ的にぴったりハマったので使いました。

ふうが
ふうが

コンプライを始めとするウレタン系イヤーピースは耳への圧着を高めて低音が伸びる傾向にあります。不足気味な低音を補えるかな?

結果、そんなにかわりませんでした。やっぱり低音は弱めの様子。装着感・遮音性はかなり向上。

BL-miniの感想まとめ

Goodなところ
  • 小さくて軽いから装着感がGood!
  • 合金製のボディが高級感出してる
  • 付属品もちゃんとしている
  • 音質はボーカル曲、Youtube試聴などに最適
Badなところ
  • 耳の形によっては少しハメにくい
  • 低音はあまり出ないので注意
  • ケーブルはもう少し細いと取り回しGood
質感
微妙
1
2
3
4
5
最高
高音の伸び
微妙
1
2
3
4
5
最高
中音の質感
微妙
1
2
3
4
5
最高
低音の量感
微妙
1
2
3
4
5
最高
コスパ度
微妙
最高

どちらかというと、少し変化球気味のイヤホンでしたね。とはいえ音質に変な癖はなくて聞きやすく傾向です。気兼ねなく音楽でも動画視聴でも使いまくれそうですね。

ぱっと見は凄く高そうに見える外装なので、ハッタリかませそうな1本です。

めくるめく中華イヤホンの世界へGO!
BLON BL mini 6mm Dynamic Driver In Ear Earphone IEM

まとめ

いかがでしたか?
いかがでしたおじさん。

さて、いかがでしたでしょうか。ふうがも大好き中華イヤホンの世界。あたりもあればハズレもある。

でもそれぞれに個性があって、新しいモノ・良いモノを作りたくて試行錯誤しているモノづくりの姿勢が凄く楽しいですよね。

ふうが
ふうが

さぁ、中華イヤホン沼の世界へようこそ~。

タイトルとURLをコピーしました