iFiAudio GObluで有線イヤホンをあきらめない!スマホ+ハイレゾの新しい形。

おつかれさまです。ふうがです。

「なにこれ、ほしい(なにほし)」は、ふうがが見つけて思わず欲しくなったガジェットや気になるサービスなどを読みやすい長さでサクっと紹介する企画です。

あなたの生活を少しだけニッチに便利にしたいこの企画。毎週木曜更新です。

ふうが
ふうが

更新を知りたい人はTwitterをフォローしてね!

今日ご紹介する「ほしいやつ」
・スマホとBluetoothでつないでハイレゾ音源を有線イヤホンで聴けるBTレシーバー「iFiAudio GoBlu」で最強のポータブルオーディオ環境になるよ。

今日のご紹介はスマホに繋ぐポータブルアンプです。ただのアンプじゃありませんよ。

ポータブルオーディオ界隈も最近はイヤホンでもヘッドホンでもBluetooth接続が当たり前になりました。既にハイエンド機種を中心にイヤホンジャックも廃止が進んできています。

確かにBluetoothイヤホンも進化して高音質低遅延になってきましたので問題ないと言えばいいのかもしれません。有線に比べると、ワイヤレスはスマートだし実際取り回しがめちゃくちゃ楽。

でも・・・

ふぉぎこ
ふぉぎこ

今まで買った有線イヤホン(高いやつ)どうしよう!

やっぱり捨てがたい。超絶音質の高級有線イヤホンちゃん。

音質にコダワリ、装着感にコダワリ、見た目にもこだわった珠玉の有線イヤホンをいっぱい持っている人もいますよね。これってもう外で使う機会なくなっちゃうの

もしくは、どうしても有線イヤホンを使いたいのにもうスマホにイヤホンジャックないし、ドでかい外付けアンプなんて持ち歩きたくない!

ふうが
ふうが

そんなあなたに、お気に入りの有線イヤホンを高音質でスマホとBT接続してアンプで増幅、ハイレゾレベルの音質で聴ける、しかも超コンパクトで持ち運べるDACの紹介ですよ。

きり
きり

スマートさと音質へのコダワリを両立。ただポタアン持ち歩くのとは違うスタイリッシュさをどうぞ。

この記事を書いた人

オーディオ系ガジェットが好きでブログを立ち上げましたが、気が付くとマイクに詳しい人みたいな感じになりました。基本はガジェットブロガー、アイキャッチデザイナーです。

Vtuber経験者、家電系仕入れ買い付けしてた過去あり。アニメとスコッチ、ホロライブ好き。

【MarketPhogearブログ運営代表】

ふうがをフォローする
毎週木曜更新の「なにほし」まとめました

iFiAudio Go bluがほしい!

早速、ご紹介していきます。なにこれ!ほしい!

商品名iFi Go blu BluetoothDAC
チップセットQualcomm QCC 5100シリーズ
入力Bluetooth(aptX, aptX HD, aptX Adaptive, aptX LL, LDAC, HWA/LHDC, AAC, SBC)
USB-C(~24bit/96kHz)
出力4.4mmフルバランスヘッドフォン出力、3.5mm S-balancedヘッドフォン出力
SN比4.4mmフルバランス出力:111dB(A)
3.5mm S-balancedヘッドフォン出力:106.5dB(A)
サイズ55 x 34 x 13 mm
バッテリー容量450mAh 連続最大再生時間 約8時間
ふぉぎこ
ふぉぎこ

写真では分かりづらいですが、サイズがメチャクチャ小さいです。入力はBluetoothの高音質コーデックを網羅。出力もフルバランスまで対応で文句なしですね。

ふうがのひとこと!

ふうが
ふうが

ちょっと玄人向けっぽいアイテムですが、非常に所有感の溢れる一品ですね。コンセプトはズバリ「高音質有線イヤホンをスマホでしっかりハイレゾで鳴らしきる」ためのガジェット。

仕組みとしてはスマホとBluetooth(高品位コーデック)でGobluをワイヤレス接続します。そしてGobluに有線イヤホンを差します。するとあら不思議、超高音質で音楽が楽しめる。イヤホンジャックがないスマホやiPhoneでも有線イヤホンをあきらめない!。

構造としてはこの小さなボディの中に高性能のBluetooth受信部DAC(デジタルアナログ変換)、アンプ(音の増幅)という3つの機構が入っています。ポータブルアンプというのが商品としてありますが、あれを小型化してスマホとの接続を無線化したモノ、と言えば分かりやすいかも知れません。

もちろんただBluetooth接続して有線イヤホンに音を流すだけのレシーバーみたいな機械も安く出回っていますが、このGobluについてはしっかりとしたハイレゾ規格に対応し、コダワリの高音質で使えることが大きなメリットになります。ちなみにUSB接続してポタアン風にも使えるのです。

しら
しら

話が長い。

iFiAudio Go bluの写真

メーカーの写真を少し見てみましょう。

ブロンズカラーのブラッシュドメタル
基盤部分の部品へのこだわり
かなり小型のことがわかります。
端子はこんなかんじ。

なにほし!5つのポイント!

この小さなボディにめっちゃ技術がつめこまれていますよ。

スマホ等とBT接続することで超高音質再生
イヤホンジャックがないスマホとBTで接続、高音質DACとアンプを経由してハイレゾのいい音をお届けする仕組みです。
最新のBluetoothコーデックを網羅
スマホとBluetooth通信する際の形式であるコーデックは現状存在するほとんどの高音質コーデックを網羅。すでに有線接続に理論上並ぶレベルの接続ができます。
こだわりのDAC・アンプ・Bluetooth
デジタルアナログ変換部、増幅するアンプ部、BTの受信部の3か所には惜しげもなく本格オーディオの技術が注ぎ込まれています。ただの受信機ではありません。
バランス出力対応で最高のセパレーション
R側とL側を別々に分けて信号を流すバランス接続に対応、チャンネル間の干渉が発生しにくく分離感のある解像度の高いサウンドを提供します。
単三電池と同程度の約26g!
胸ポケットにいれても感じない超軽量コンパクト使用。スマホはカバンの中でOK

ちょっと気になるところ・・

有線イヤホンに興味ない人には不要のやつ
そもそもワイヤレスイヤホンだけでOKの人には関係ないガジェット。それはそう。
ワイヤレスにくらべると?
やっぱりアンプとイヤホンケーブルはスマートではないかも。でもそれでいいのです。

iFiAudio Go bluはこんなひとにおすすめかも?

ちょっと人を選ぶガジェットですが、刺さる人には刺さると思うんですよねコレ。ほしい。

こんなひとにぴったり
  • 手持ちのお気に入り有線イヤホンを使いたい!
  • スマホでもハイレゾ音質で聴きたい!
  • プロ向けヘッドホンも余裕で駆動したい!
おすすめ

Amazon価格の推移を見てみる

※データは記事執筆時のものですので変動があります。

まだ発売して間もない商品なので価格はそこまで乱れませんね。Amazonのセールなどは積極的に使っていきたいです。ギフトカードチャージなどのポイントテクも必須ですね。

と言うことで、

やっぱり有線が好き

↓ ↓その前に ↓ ↓

Amazonで買い物するなら・・

ポイントバックであふれる幸せ

さぁAmazonでポチるよ~っていう方、ちょっとお待ちください!

Amazonギフトカードを買って現金でチャージするだけで、何度でも一定率でポイントが還ってくるサービスをご存知ですか?クレジットカードも不要、特別なメンバー登録・契約も不要で安心!

チャージでもらえるポイント額は以下の通りです。

プライム会員が90,000円チャージしておけば、2,250円がポイントで戻ってきます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率より高い利率ですよね。

気になる有効期限は購入から10年!定期的に買い物される方なら毎度MAXチャージでポイントたっぷりですね。

もう一度言います。チャージさえすれば何回でもポイントバックが受けられますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

\こちらをクリックしてギフトカードの詳細へ/
クレカ不要・面倒な登録手続きなしでOK
↓こちらからでも購入できます
ふうが
ふうが

ポイント還元率を見ても、やはりプライム会員は優遇されていますね。まだ未加入の方はぜひ登録を検討してみてくださいね!特典たっぷりです

プライム特典についてはこちらの記事をどうぞ
Amazonでお買い物するなら、プライム会員加入がおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました