【レビュー】お手軽かっこいいマイクBlue snowball iCEで遊ぶ

ふうが
ふうが

お手軽価格で買える本格USBコンデンサマイク「BlueSnowballIce」を現物レビューしました。想像以上のクオリティで大満足ですね。写真を交えてご紹介していきます!

この記事のざっくりしたなかみ
BlueSnowballIceを開封レビュー!質感や使い勝手をご紹介。
一台目のUSBコンデンサマイクとしてイチオシできる良品でした。

おつかれさまです。ふうがです。

マイクを使う機会、昔に比べて増えましたよね。Zoom会議なんて当たり前だし、個人がラジオやポッドキャストで音声を配信するなんてめずらしいことではありません。

でも録音環境って気にする人って意外と少なくて、未だにパソコン内蔵マイクとかでやっちゃってる。これは本当にもったいないです。機材だけで会議も配信も驚くほど質感があがる

とはいえ、そんなに気合を入れた機材なんて揃えたくない!なんて人にも最適な、お洒落感漂うコンデンサマイク「SnowballIce」をご紹介しようと思います。

BlueSnowballIceのレビューだよ
この記事はこんな人におすすめ
  • 買いやすい価格のUSBコンデンサマイク探してる
  • 配信やポッドキャスト、Vtuberをやってみたい
  • インテリアを損なわないお洒落なマイクがほしい
  • Snowballという商品に興味があるよ
普段使いにマッチした優秀マイク、部屋に置くだけでお洒落
¥6,700 (2021/04/09 22:25時点 | Amazon調べ)
Prime加入でさらにお得!くわしくはこちら

PCマイクが欲しくなった!

突然襲い来る物欲、今回はマイクです。

マイクが欲しくなったんですよ、急に。今まで録音機材なんて手を付けたことなかったのに。

高性能マイクを何に使うの?

さて急な物欲です。高性能なマイクが欲しくなりました。Webカメラの内蔵マイクじゃダメなんですよ!生活様式の変化もあっていろいろ録音に関する機材が必要になってきたんです。例えば・・・

Zoom会議や音声SNSが増えてきた

突然Vtuberになりたくなってきた

マイクを机に置いてみたくなった

Vtuberになりたくなる人は世の中でも少数だと思いますが、Zoom会議やオンラインミーティングが増えてきた中で「マイク音質の悪さ」がそれらを邪魔することが実感として現れました。

ふうが
ふうが

Web会議してて「ちょっと聞こえづらいんですが・・」とか「マイクもっと大きくなりませんか?」とか始まると会議のテンションが下がりますよね。。

あとはVtuber、これは完全に趣味の世界なので一般的な購買目的にはならないのですが、これだけ流行っているなら首を突っ込んでみたい、なんなら自分がなりたい!(自殺願望)

よいVtuberの例。(個人差があります)

まぁ、いろんな希望に夢膨らませいざマイクを買うぞ!

マイクの種類

でも、マイクといってもいろんな種類があります。

お手軽なものであればヘッドセットについてるマイク、ウェブカメラのマイク、ノートパソコンなら内蔵マイクもあります。何に使うのか、用途によって買わなきゃいけないものが変わってきます。

ここで身近にあるマイクを比較検討してみましょう。

ヘッドセットのマイクウェブカメラのマイク専用マイク
イメージ


マイク性能ヘッドセット自体の価格帯にもよるが、まあまあ良いあくまでおまけ品質、あるだけよいレベル録音専用機材なのでもちろん最高の音質
利便性ヘッドホンと一緒なので使いやすい、音声の管理しやすい場所を全く必要としないややスペースを必要とする、使い方がすこし難しい
価格良いのを買うとそれなりに高い安い高い
特徴接続が簡単で設定も楽なことがおおい、ゲーム系配信などはいいかも。Web会議ぐらいならギリギリ使える。ないよりマシ録音するならもちろん一番だが、必要機材や知識がややハードル
商品を探す商品を探す商品を探す商品を探す
ふうが
ふうが

使うシーンによって中々悩ましいマイク選び。自分の予算や置くスペースなども考えて選びたいですね。

専用マイク(コンデンサ)でおすすめ品を探しました。

そして買ったのはSnowballIceでした

悩んだ結果、Blue Snowball Iceを買いました!

こちらを今回はレビューします。さぁここからがレビュー本番です。

snowballiceの外箱
もうお洒落です。

スペック

トランスデューサー・タイプ:コンデンサー、圧力勾配型、USBデジタル出力
指向特性単一指向性
周波数特性40 –18 kHz
サンプリングレート44.1 kHz/16 bit
重量460g、ややずっしり感はあります。
サイズ325mm(丸い部分の円周)大人の握りこぶしより大きいくらい

メーカー公表スペックはこんな感じです。

コンデンサーマイクはそれぞれに個性というか音作りみたいのがありますので、スペックの良し悪しだけではわからないことが多いです。ある程度は使ってみるしかない部分はあります。

おすすめポイント!
  • デュアルコンデンサーカプセルでボーカル、ミュージック、ポッドキャストの収音に最適
  • 調節可能なメタルのマイクスタンドとUSBケーブルが付属
  • Mac/Windowsでプラグ&プレイ(ドライバ不要で使える)
  • おしゃれな質感でホワイトとブラックの2色あり

かんたんに言うと「USB接続でスグ使えるコンデンサタイプの自立式マイク」です。

今回購入したのはsnowballiCEです。こちらは単一指向性のみの対応です

上位機種のsnowball(名前にiceがついていない)は指向性の切り替え機能がついています。ですが、会議などで多くの人の声を全方位から拾わなくてはいけないシーンで使わないのであれば単一指向性のみで問題ありません。

SnowballIceを開封して接続!

さぁ、開封していきますよ!

snowballiceを取り出してみました
snowballiceの拡大図

ざっと開けて組んでみるとシンプル。三脚を差し込んでUSBケーブル接続で完了です。この手軽さ大事。

ふうが
ふうが

素材自体はプラスティッキーなのですが、メッキであしらわれたロゴが入ってて質感いいッ!

snowballiceを机に置いてみました

デスクトップに置くとこんなサイズ感ですね。でかすぎて置けないというわけではないですが大分存在感があります。

ただお洒落なデザインなので配信に映り込んでも気になりませんし、机の上がプロっぽい雰囲気になりますね。ボールジョイントである程度の角度が変えられますので置く場所もある程度自由度がありそうです。

しら
しら

こじゃれ感ありまくる。無限に雑談配信したい

使用感など

ふうが
ふうが

さて、ざっくりとした使用感ですが。いい所を悪い所を列挙してみます。

使ってみてよいところ

  • USBならではの即接続・即使用可能はやはり楽。ドライバいらずですぐ使える。
  • アナログジャックじゃないので、PCに指してもノイズなどは気にならない
  • さすがにコンデンサタイプなので感度良く、細かいトーンを拾ってくれる
  • 音質的にはコンデンサらしい硬さや歪みを少し感じるものの、価格からしたら余裕の高音質
  • 見た目が良くてやる気がでる。

ちょっと気になるところ

  • 単一指向性とは言え、外音やエアコンの音、クリック音などはきっちり拾う
  • 三脚は「開くか閉じる」しかないので角度などの調整不可
  • ボールジョイントもそこまで角度変えられないので置く場所で調整必要
  • ミュートボタンがない(これは結構痛手でした)

結論、SnowballIce買ってよかった!

ふうが
ふうが

始めての外部マイクとしては立派すぎるデキです。安い中華コンデンサマイクで後悔するなら断然こっち!

USB接続でドライバいらずに即使用可能になる便利さと、しっかり声の機微を拾うコンデンサマイクの良さをよく両立しています。

それでいて見た目もクールに作られていて三脚も一体型になっています。

アームとかに固定するマイクに比べるとマイク位置を口元に持ってくるような使い方は難しいですが、卓上にさっとおいてしゃべくる配信においてはこれほど便利なものはなかなかないです。

Blue社というちゃんとしたメーカーが作っていることも安心材料になります。なのに価格は4桁で買えちゃうコスパ。

これを使って今後音質的に不満が出てくるようであれば、上位機種に乗り換えるのがベストだと思います。

しら
しら

思わず配信とかしたくなるけど、集合住宅などではまわりの迷惑も気を付けよう・・。夢中になると結構声出してしまうからね。

とりあえず試しに買えちゃう価格帯ですね
¥6,700 (2021/04/09 22:25時点 | Amazon調べ)

Amazonで買い物するなら・・

さぁAmazonでポチるよ~っていう方、ちょっとお待ちください!

何回でも無条件にポイントバックでお得に買い物ができるAmazon定番のワザがあるのをご存知ですか?

しら
しら

そのまま買い物しちゃうと、少しばかり損しちゃうかも??

Amazonで買い物する際、ギフトカードチャージをして支払う事で最大2.5%がポイントバック(還元)するお得な制度があります。

プライム会員なら通常より高い率でバックが受けられます!これは見逃せない!

まとまったチャージをすればするほどお得です。お買い物の際に忘れないようにしましょうね。

ふうが
ふうが

気になるポイント率はこちら、やはりプライム会員は優遇されてますね。

もう一度言います。チャージさえすれば何回でもポイントバックが受けられますよ!

さっそくギフト券チャージを利用しよう!チケットをClick!!
プライムに入るとなにがお得?なにができるの?
Amazonでお買い物するなら、プライム会員加入がおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました